FX初心者講座

【勝率80%以上のFX講座】ユーロの特徴 FX初級者向け

スポンサーリンク

ユーロの特徴

・ユーロは欧州統一通貨とも言われている

ヨーロッパ全体で広く流通している通貨です。現在では23の国と地域で採用されており、加盟国間は旧通貨と廃止して全てユーロを使うようになりました。欧州連合に参加している国は27カ国ですが、そのうり17カ国が採用しており、イギリスと北欧を除く欧州の主要国で流通しています。イギリスではポンドが、ノルウェーではクローネが使われているように、ユーロは欧州最大の通貨ではありますが、欧州全てに流通しているわけではありません。 通貨コードはEURと表記します。ユーロが実際に通貨として取引され始めたのは1999年1月1日からでしたが、最初は11カ国間での銀行間取引からはじまりました。その後次第に流通範囲を拡大させていき今に至ります。そして今やドルについで取引高の多い通貨であり、ドルの唯一の対抗馬といわれるほどになりました。FXの通貨ペアではEUR/USDの取引量が最も多くなっています。ちなみに、ユーロは欧州中央銀行によって発行されています。

ポイント

種類

・ユーロ相場の動向= ユーロの特徴は、アンチドル通貨の代表的通貨であるということが上げられるでしょう。為替市場はドルを中心として回っていますが、ドルになんらかの悪い要因があったときには真っ先にユーロが買いの対象となります。オセアニア通過もアンチドル通貨という点から、ユーロに追随した動きを見せる事が多いです。これまで世界各国の政府は、外貨準備としてドルを保有していましたが、きんねんでは ユーロの比率も高まってきました。また、為替市場ではユーロ/ドルの取引量がダントツで一番多く、高い流動性を持っています。 ユーロ圏の政策金利は欧州中央銀行が行っています。その決定の場となる理事会は、ユーロを取引するならば注目しなければならないイベントとなっています。

ユーロ相場も他の通貨と同様に、ファンダメンタルズから強い影響を受けます。しかしユーロは広く参加国数も多い為、国ごとにファンダメンタルズはまちまちです。そこで、ユーロコイン指数というものが良い指標になります。速報性があるうえにユーロ相場と一定の相関性を持っているため、注目したい指標です。また、ユーロ圏経済の代表はドイツですから、ドイツの指標には注目すべきです。ドイツの景気やインフレの動向は、ユーロ相場を見るうえで良い参考になります。またIfo経済研究所が発表するIfo景気指数や欧州経済研究センターが発表するZEW景気指数などは、ユーロの動向を探る上で重要な指標となります。

・ドイツの経済= ユーロ圏の経済の中心はドイツであり、ドイツ経済からは目が離せません。ドイツ経済はサブプライム問題以後の世界的な景気低迷により大打撃をうけ、2009年には経済成長がマイナス51%を記録するという大幅な後退を見せました。しかしその後は順調に回復しており、現在では貿易収支、経常収支は大幅な黒字を見せています。ユーロ圏の国々の中でも一人勝ち状態です。

・FXとユーロ= ユーロはドルに次ぐ取引量を誇っている為ユーロ/ドルの取引量は最も多くなっています。そのためスプレッドはかなり狭くなっています。夜間にスキャルピングを行いならば、第一に取り扱うべき銘柄です。

 次におすすめの記事はこちら↓
■ドルの特徴(要約)= 米ドルは世界の基軸通貨です。そのため、為替市場において圧倒的な取引量を誇っており、為替変動に大きな影響力を持っています。通貨取引のほとんど全てがドルと関係しており、為替市場の構造には「ドルvsそれ以外の通貨」という呈さえあります。 為替相場は米ドル中心に回っています。そのドルの特徴をつかんでおく事は、取引を進めていくうえで非常に大切な事です。特に初心者であればあるほど、まずはドル/円でのトレードを試みる事と思います。そして、初心者の域を脱してからもこの通貨ペアで勝負をする人も多い事かと思います。ドルストレートでの取引を希望するならばなおさらの事です。米ドルの特徴をしっかりと把握し、取引に役立てていきましょう。
ランキング1位 マネーパートナーズ
青色03銭静止画
何と言っても目玉は最狭スプレッドと少額から始められる所であり、ここに全てが詰まっていると言っても過言ではない。
詳細ページ公式ページ
ランキング2位 DMM.FX
コミックやゲームなど多岐に渡る事業展開をしているDMMグループの1つで、流石に完成度の高いFX会社となっている。
詳細ページ公式ページ
ランキング3位 OANDA Japan
>
コミットメントから生まれた業界初となる1通貨単位からの取引や、秒単位でスワップポイントが付与されるSecond by second swap、5秒足チャートなどは投資家から大きな評価をうけ現在では世界8ヶ国に拠点を構え、100万人を超すトレーダーに選ばれています。
詳細ページ公式ページ
[4]ランキング4位 海外FX XM TRADING
私がオススメする第4位の会社は国内のFX会社ではなく、レバレッジ規制が無い海外FXの会社である。
詳細ページ公式ページ
[5]ランキング5位 FBS
最大レバレッジ3000倍が特徴の海外FX会社 XMのレバレッジでは物足りない!
しかも「あなたの入金を2倍に増加」
詳細ページ公式ページ
相場が動く時に

トレードを行うタイミングについてご紹介します。タイミングに根拠あり。詳細はこちら

他投資とFXの違い

FXの他にも色々な投資方法があるけれど、どれが一番いいの?詳細はこちら

通過ペアについて知ろう

FXでは様々な通貨を扱っており、売買が可能。どんな通貨があるの?詳細はこちら

FXのリスクを覚悟する

始める前にリスクについてきちんと理解しておく。詳細はこちら

FXの基本的な注文方法

初心者さん向け。具体的な注文の仕方について。詳細はこちら

始めに必要な資金

どのくらいの資金を準備しておけば良いのか?。詳細はこちら

FX会社が破綻したら?

万が一の場合についてもしっかり考えておく。詳細はこちら

FXのポイントとは?1

FXで勝っていくためには、勝つための方法ではなく、負ける方法を学ぶ事です。負けるパターンは決まっています。リスク回避をしよう。詳細はこちら

FXのポイントとは?2

FX会社の提供するアナリストのコメントを鵜呑みにしないことがポイントです。周りの意見に左右されると自分のルールのブレが出ます。詳細はこちら

FXのポイントとは?3

株式投資でも先物でも、投資と名のつくものに必ず儲かる方法などは存在しない。いかにリスクを減らせるかを身に付ければおのずと利益は出ます。詳細はこちら

FXのポイントとは?4

FXはパソコンで行うため、自分以外のトレーダーの存在が実感しにくいものです。多くの人とかかわっています。世界を相手にしている事を忘れないようにしよう。詳細はこちら

FXのポイントとは?5

バーチャルトレードは架空のお金で取引をするため、本腰を入れて学びにくい。緊張感がないといい加減な取引になりやすくなります。詳細はこちら

FXのポイントとは?6

取引手数料として掛かるスプレッドの狭さをよく比べて、会社を選ぶことは大切な事です。多くのFX会社がありますが、特徴は全然違います。詳細はこちら

スポンサーリンク