FX初心者講座

【勝率80%以上のFX講座】FXを始めるために必要な資金 FX初級者向け

スポンサーリンク

FXを始めるために必要な資金

・FXは少ない自己資金から始められるといいますが

具体的にはどれくらいの資金が必要なのでしょうか。 FXでは通常、1万通貨が取引の基本単位となっています。ドルが1万通かという事は1万ドルで、日本円にして約100万円です。しかし、100万円を用意しなければ始められないということは無く、10万円あれば取引が可能となります。なぜならば、FXにはレバレッジというシステムがあるからです。

レバレッジとは「テコの原理」と訳されますが、実際に運用資金の何倍もの取引をすることができるシステムです。つまり証拠金を担保として、預けた資金の何倍もの取引ができる仕組みです。なぜこのような魔法のような事ができるのかといえば、それはFXでは差金決済が行われているため、顧客の損失が証拠金に達した場合にはポジションが強制決済されるという仕組みをとっているからです。この仕組みによって、FX会社はポジションをとるための代金を全て受け取らずともリスクがつりあうのです。こういったわけで、小額の証拠金を元としてその何倍ものトレードが可能となるのです。

実際にFXでは、小額から参入してきてトレードをしている人がたくさん居ます。システム的に小額でも始める事ができるわけです。 さて、レバレッジというシステムによって小額の証拠金で何倍ものトレードが出来るようになると述べましたが、レバレッジは使い方次第で大きな利益を生む事ができるという事がわかります。ただし、その反面、大きな損失を生む確率もあるのです。 また、レバレッジに関する誤った認識に「レバレッジが高い=リスクが大きい」と考えている人が多いのですが、実際にはレバレッジの仕組みをしっかり理解して使うことが出来れば、リスクが大きくなるどころか有利になる事さえあるのです。少ない資金で大きな勝負が出来るのがFXの醍醐味であるといえます。レバレッジはうまく活用していきたいものです。

まずハイレバレッジ(=高いレバレッジ)に設定されているFX会社は

・危険であるとする考え方を払拭してしまいましょう。

そもそもレバレッジというのは、保有したポジションに対して拘束される資金の割り合いを示したものです。レバレッジが50倍に設定されているFX会社で10万円入れて取引したからといって、必ずしも500万円分の取引をしなければならないという事ではありません。 通常は、1万通貨単位で保持する通貨の総額に応じて、拘束される資金が決まります。例えばレバレッジ5倍で1万通貨の運用をするならば20万円が拘束資金であり、レバレッジ25倍で1万通かの運用をするならば4万円が拘束資金となるということです。

つまりは、重要視すべきはレバレッジが何倍なのかという問題なのではなく、自分が持つべきポジションの数や量がどうなのかということです。 そして、自分がレバレッジ何倍の取引ができるのかということは重視せず、自分がどれほどの損を受け入れる事ができるのかという事、その許容できる損の額は何通貨もった場合に価格がどれ程うごいた場合に相当するのかということを把握して取引を開始する事こそ重要です。

 次におすすめの記事はこちら↓
■FX会社が破綻したら(要約)= FXで取引を開始するには、まず前提として、取引をするFX会社に証拠金を預けなければなりません。そしてその後取引が順調に運び、資産は増えて言ったとしましょう。しかし!あるとき取引先のFX会社が破綻してしまいました。こんなとき、FX会社に預けてあり、順調に増やしてきた資産はいったいどうなってしまうのでしょうか。 FX会社のほとんどが、投資家達のそんな心配を払拭する為に「信託保全」を導入しています。これは簡単に言うならば、FX会社が倒産した場合にも、預けていた資産が守られるという仕組みです。確かにほとんどのFX会社は信託保全を導入していますが、それを鵜呑みにしてはいけません。会社によっては、破綻後に資産が100%確実に守られるとは限らないのです。信託保全がしっかりしているかどうかによって、選ぶべき取引先が変わってきますので、しっかりと勉強しておきましょう。
ランキング1位 マネーパートナーズ
青色03銭静止画
何と言っても目玉は最狭スプレッドと少額から始められる所であり、ここに全てが詰まっていると言っても過言ではない。
詳細ページ公式ページ
ランキング2位 DMM.FX
コミックやゲームなど多岐に渡る事業展開をしているDMMグループの1つで、流石に完成度の高いFX会社となっている。
詳細ページ公式ページ
ランキング3位 OANDA Japan
>
コミットメントから生まれた業界初となる1通貨単位からの取引や、秒単位でスワップポイントが付与されるSecond by second swap、5秒足チャートなどは投資家から大きな評価をうけ現在では世界8ヶ国に拠点を構え、100万人を超すトレーダーに選ばれています。
詳細ページ公式ページ
[4]ランキング4位 海外FX XM TRADING
私がオススメする第4位の会社は国内のFX会社ではなく、レバレッジ規制が無い海外FXの会社である。
詳細ページ公式ページ
[5]ランキング5位 FBS
最大レバレッジ3000倍が特徴の海外FX会社 XMのレバレッジでは物足りない!
しかも「あなたの入金を2倍に増加」
詳細ページ公式ページ
相場が動く時に

トレードを行うタイミングについてご紹介します。タイミングに根拠あり。詳細はこちら

他投資とFXの違い

FXの他にも色々な投資方法があるけれど、どれが一番いいの?詳細はこちら

通過ペアについて知ろう

FXでは様々な通貨を扱っており、売買が可能。どんな通貨があるの?詳細はこちら

FXのリスクを覚悟する

始める前にリスクについてきちんと理解しておく。詳細はこちら

FXの基本的な注文方法

初心者さん向け。具体的な注文の仕方について。詳細はこちら

始めに必要な資金

どのくらいの資金を準備しておけば良いのか?。詳細はこちら

FX会社が破綻したら?

万が一の場合についてもしっかり考えておく。詳細はこちら

FXのポイントとは?1

FXで勝っていくためには、勝つための方法ではなく、負ける方法を学ぶ事です。負けるパターンは決まっています。リスク回避をしよう。詳細はこちら

FXのポイントとは?2

FX会社の提供するアナリストのコメントを鵜呑みにしないことがポイントです。周りの意見に左右されると自分のルールのブレが出ます。詳細はこちら

FXのポイントとは?3

株式投資でも先物でも、投資と名のつくものに必ず儲かる方法などは存在しない。いかにリスクを減らせるかを身に付ければおのずと利益は出ます。詳細はこちら

FXのポイントとは?4

FXはパソコンで行うため、自分以外のトレーダーの存在が実感しにくいものです。多くの人とかかわっています。世界を相手にしている事を忘れないようにしよう。詳細はこちら

FXのポイントとは?5

バーチャルトレードは架空のお金で取引をするため、本腰を入れて学びにくい。緊張感がないといい加減な取引になりやすくなります。詳細はこちら

FXのポイントとは?6

取引手数料として掛かるスプレッドの狭さをよく比べて、会社を選ぶことは大切な事です。多くのFX会社がありますが、特徴は全然違います。詳細はこちら

スポンサーリンク