FX初心者講座

【勝率80%以上のFX講座】資源国通貨の特徴 FX初級者向け

スポンサーリンク

資源国通貨の特徴

・資源国通貨とは、資源が豊富な国の通貨のことをいいます。

ここではカナダドルとノルウェークローネを取り上げます。 カナダドルはカナダの通貨です。ルーニーという愛称で知られ、また日本ではキャンドルとも呼ばれます。通過コードはCADと表記されます。 カナダはご存知の通り広大な土地面積を有しており、豊富なエネルギー資源に恵まれた国です。そのため、豪ドルやノルウェークローネと並んで資源国通貨として数えられます。

・カナダと米国の関係= カナダと米国は互いに隣接した関係にあり、経済的にも密接な関係があります。カナダ二音ける2011年の輸出の73%、輸入の50%、対外直接投資の40%を米国が占めるのですから、この数字からカナダと米国の密接であることがよく分るでしょう。そしてGDPの40%は輸出によって構成されており、貿易に依存した経済であることが特徴です。このことから、カナダの景気は米国の影響を強く受けることが分ります。金利政策も米国に同調する傾向があります。

・資源国通貨であること= カナダは広大な面積を持っています。世界第二位の国土面積です。国土面積が広い国というのは往々にして資源に恵まれますが、カナダもその例に漏れず、豊富な資源を有しています。エネルギー資源に当たる天然ガス、石炭、原油のほかにも、様々な鉱物資源を算出します。そのほか、木材資源や農産物も豊富です。これらの資源のなかでも天然ガスの価格動向はカナダドル相場に影響を及ぼす事が多く、また、資源関係の会社が買収の対象になる事があります。買収の際にはカナダドルが買われることとなるため、買収が相次ぐなどしてカナダドルが大量に変われたときにはカナダドル高が起こります

・カナダ経済= かつてのかなだは経常収支も財政収支も黒字であり、経済的には非常に安定していました。そかしサブプライム問題を受けて世界的な景気が低迷した影響を受け、2009年には-3%の経済成長を記録しました。その後は景気は次第に回復しているものの、現在ではまだ双子の赤字を抱えており、経済的に良好とはいえない状態です。

ノルウェークローネ

・ノルウェークローネはノルウェーの通貨です、通過コードはNOKと表記されます。

ノルウェーは経済的に非常に安定しており、経常収支も財政収支もともに黒字をキープしています。そして、国土面積はそれほどでもありませんが、北海油田を有する資源国家であり、原油・天然ガスの世界有数の輸出国であることは余り知られていない事実です。ノルウェーの経済安定には、この資源輸出が深く関係しており、非常に裕福な国となっています。GDPでは世界第3位を記録しています。 また、巨額の資金を運営する政府年金基金の存在が、ノルウェークローネの信頼性の源となっています。この年金基金は原油と天然ガスの輸出で得た利益をもとに創設されたもので、世界の市場で大規模に運営されています。 以上のように非常に安定した経済基盤をもっていることから、ノルウェークローネは安定した通貨であるとみなされています。

・EUに参加していない= ノルウェーはEUに参加していません。参加を国民に打診したところ、過去2回に渡って国民投票によって否決されたのです。理由としては応手最大の産油国であるということのほか、貿易の壁がなくなることによって安い農水産品が流入してくる事などが危ぶまれたからです。そのかわりに個別協定によって経済の自由化を進めているため、今後もEUへの加盟は考えにくいといえます。よって、ノルウェークローネという通貨も維持され続ける事が予想されます。

・ノルウェークローネとFX= ノルウェークローネはマイナー通過であることから、流動性が高くなく、スプレッドも広くなります。このことから短期売買には適していません。ただし、経済が安定しているので、長期的な投資には向いている通貨であるといえます。

 次におすすめの記事はこちら↓
■短期の間接投資の影響(要約)= 間接投資が為替相場を動かすとき、どのような流れで相場は形成されていくのでしょうか。それを見る為には、黎明期・本格期・終焉期における投資家たちの動きを見ていかなければなりません。黎明期には一部のプロ投資家が暗躍してポジションを仕込み、本各期には多くのプロ投資家と一部の一般投資家が気付いてポジションを取り始める為、トレンドができます。トレンドができたのを見るとその他の大衆は流れに乗り遅れまいと相場に一斉に参加するのですが、終焉期に勝負に出た投資家の多くは、結局損を被る事になるのです。 大切なのは、早めに動き出す事で、流動性がまだあるうちに利益を確定してしまうという事です。それができなければ、損失を被るその他大勢になってしまうことでしょう。
ランキング1位 マネーパートナーズ
青色03銭静止画
何と言っても目玉は最狭スプレッドと少額から始められる所であり、ここに全てが詰まっていると言っても過言ではない。
詳細ページ公式ページ
ランキング2位 DMM.FX
コミックやゲームなど多岐に渡る事業展開をしているDMMグループの1つで、流石に完成度の高いFX会社となっている。
詳細ページ公式ページ
ランキング3位 OANDA Japan
>
コミットメントから生まれた業界初となる1通貨単位からの取引や、秒単位でスワップポイントが付与されるSecond by second swap、5秒足チャートなどは投資家から大きな評価をうけ現在では世界8ヶ国に拠点を構え、100万人を超すトレーダーに選ばれています。
詳細ページ公式ページ
[4]ランキング4位 海外FX XM TRADING
私がオススメする第4位の会社は国内のFX会社ではなく、レバレッジ規制が無い海外FXの会社である。
詳細ページ公式ページ
[5]ランキング5位 FBS
最大レバレッジ3000倍が特徴の海外FX会社 XMのレバレッジでは物足りない!
しかも「あなたの入金を2倍に増加」
詳細ページ公式ページ
相場が動く時に

トレードを行うタイミングについてご紹介します。タイミングに根拠あり。詳細はこちら

他投資とFXの違い

FXの他にも色々な投資方法があるけれど、どれが一番いいの?詳細はこちら

通過ペアについて知ろう

FXでは様々な通貨を扱っており、売買が可能。どんな通貨があるの?詳細はこちら

FXのリスクを覚悟する

始める前にリスクについてきちんと理解しておく。詳細はこちら

FXの基本的な注文方法

初心者さん向け。具体的な注文の仕方について。詳細はこちら

始めに必要な資金

どのくらいの資金を準備しておけば良いのか?。詳細はこちら

FX会社が破綻したら?

万が一の場合についてもしっかり考えておく。詳細はこちら

FXのポイントとは?1

FXで勝っていくためには、勝つための方法ではなく、負ける方法を学ぶ事です。負けるパターンは決まっています。リスク回避をしよう。詳細はこちら

FXのポイントとは?2

FX会社の提供するアナリストのコメントを鵜呑みにしないことがポイントです。周りの意見に左右されると自分のルールのブレが出ます。詳細はこちら

FXのポイントとは?3

株式投資でも先物でも、投資と名のつくものに必ず儲かる方法などは存在しない。いかにリスクを減らせるかを身に付ければおのずと利益は出ます。詳細はこちら

FXのポイントとは?4

FXはパソコンで行うため、自分以外のトレーダーの存在が実感しにくいものです。多くの人とかかわっています。世界を相手にしている事を忘れないようにしよう。詳細はこちら

FXのポイントとは?5

バーチャルトレードは架空のお金で取引をするため、本腰を入れて学びにくい。緊張感がないといい加減な取引になりやすくなります。詳細はこちら

FXのポイントとは?6

取引手数料として掛かるスプレッドの狭さをよく比べて、会社を選ぶことは大切な事です。多くのFX会社がありますが、特徴は全然違います。詳細はこちら

スポンサーリンク