FX初心者講座

【勝率80%以上のFX講座】FX会社が破綻したらどうなる? FX初心者向け

スポンサーリンク

FX会社が破綻したらどうなる?

・FXで取引をするときには、もちろん前提として証拠金をFX会社に預ける事になります。

大切な証拠金を預けているFX会社が万が一倒産した場合には、預けていた資産はどうなるのでしょうか。 その心配を解消すべく、FX会社のほとんどでは信託保全を行っています。信託保全というのは、分りやすくいえば、FX会社が倒産した場合でも、預けていた資産が守られる仕組みの事です。

現在の金融庁の指導によれば、FX会社は顧客から預かったお金と自社の資産をきちんと分別しておく義務はあるものの、信託保全は義務付けられていません。しかし、万が一倒産した場合に資産がきちんと守られるかどうかは投資家にとっては重要なことなので、多くのFX会社では自主的に信託保全を導入しています。 ただし、気をつけなければいけないのは、信託保全にも色々あるという事です。FX会社によって、倒産の際に資産が全額守られるか、何割かが守られるのかなどの違いがあります。

投資家にとって最も望ましいのは

・言うまでもなく全額が守られることです。

自分が取引をする会社を選ぶ際には、必ず信託保全がどうなっているのかを確認するようにして下さい。あいまいな記載が見られるならば問い合わせをし、そこでも明確な回答が得られないのであれば、その会社とは取引をしないほうがいいでしょう。ベストなのは、大手の会社であり、信頼が置けて、顧客の資産を全額信託保全している会社を選ぶ事です。

2009年3月のこと、最初に顧客資産を100%守る信託保全を提供したのは、大手の外為オンラインでした。それまでの信託保全であれば、信託銀行に信託保全されてはいるものの、もし会社が破綻したときには、取引先が債権回収のために資産を押さえる可能性があるため、全額が顧客に帰ってくるとは限らないものでした。くわしく言うならば、FX会社は顧客からの注文を受け、その注文をインターバンク市場につなぎます。そして「カバー先」といわれる取引先銀行を相手に証拠金取引のような形で、外貨を売買しているのです(このことを「カバーを取る」といいます)。カバーを取るに当たって必要となる資金はどこから確保するのかというと、それが信託保全差荒れている顧客資産なのです。簡単に言うならば、信託銀行と信託契約をしてはいるものの、同時に取引先の担保に入っているような形となっていたのです。これではどうも心許ないので、それを解消したのが外為オンラインの信託保全でした。

これは投資家にとって画期的なものでした。外為オンラインでは、カバーを取るさいに必要となる証拠金を、顧客資産に頼ることなく、全て自社の資金でまかなう事によって、顧客の資産は100%そのままに保全する事が出来ているのです。このため、万が一破綻した場合にも顧客資産はどこからも差し押さえられる事は無く、100%が顧客のもとに帰ってくるのです。 ちなみに、FX会社の中には、カバー取引のために必要となる資金を顧客資産に頼っている会社も数多く存在するため、取引前にしっかりと確認し、信託保全が確実になされる会社を選ぶようにしましょう。

 次におすすめの記事はこちら↓
■スプレッドを理解する(要約)= スプレッドとは、取引の際に投資家がFX会社に支払う取引コストのようなものです。「現在の東京外国為替市場のドル/円は、105円10銭から105円15銭のあいだで取引されています」などというのをニュースで聞いたことがあるかと思いますが、このうち105円15銭というのが買値であり、105円10銭というのが売値に当たります。そして両者の差額である5銭がスプレッドであり、投資家は取引コストとして5銭を会社に支払う必要があるのです。 ちなみに、スプレッドが広いか狭いかという事には一定の基準があります。すなわち、取引量が多ければ多いほどスプレッドは狭くなり、取引量が少なければ少ないほどスプレッドが広くなるということです。これを考慮するならば、取引の多くなる時間帯を見計らって取引をするとスプレッドは安く増す事ができるため、テクニックの一つとして覚えておくといいでしょう。
ランキング1位 マネーパートナーズ
青色03銭静止画
何と言っても目玉は最狭スプレッドと少額から始められる所であり、ここに全てが詰まっていると言っても過言ではない。
詳細ページ公式ページ
ランキング2位 DMM.FX
コミックやゲームなど多岐に渡る事業展開をしているDMMグループの1つで、流石に完成度の高いFX会社となっている。
詳細ページ公式ページ
ランキング3位 OANDA Japan
>
コミットメントから生まれた業界初となる1通貨単位からの取引や、秒単位でスワップポイントが付与されるSecond by second swap、5秒足チャートなどは投資家から大きな評価をうけ現在では世界8ヶ国に拠点を構え、100万人を超すトレーダーに選ばれています。
詳細ページ公式ページ
[4]ランキング4位 海外FX XM TRADING
私がオススメする第4位の会社は国内のFX会社ではなく、レバレッジ規制が無い海外FXの会社である。
詳細ページ公式ページ
[5]ランキング5位 FBS
最大レバレッジ3000倍が特徴の海外FX会社 XMのレバレッジでは物足りない!
しかも「あなたの入金を2倍に増加」
詳細ページ公式ページ
相場が動く時に

トレードを行うタイミングについてご紹介します。タイミングに根拠あり。詳細はこちら

他投資とFXの違い

FXの他にも色々な投資方法があるけれど、どれが一番いいの?詳細はこちら

通過ペアについて知ろう

FXでは様々な通貨を扱っており、売買が可能。どんな通貨があるの?詳細はこちら

FXのリスクを覚悟する

始める前にリスクについてきちんと理解しておく。詳細はこちら

FXの基本的な注文方法

初心者さん向け。具体的な注文の仕方について。詳細はこちら

始めに必要な資金

どのくらいの資金を準備しておけば良いのか?。詳細はこちら

FX会社が破綻したら?

万が一の場合についてもしっかり考えておく。詳細はこちら

FXのポイントとは?1

FXで勝っていくためには、勝つための方法ではなく、負ける方法を学ぶ事です。負けるパターンは決まっています。リスク回避をしよう。詳細はこちら

FXのポイントとは?2

FX会社の提供するアナリストのコメントを鵜呑みにしないことがポイントです。周りの意見に左右されると自分のルールのブレが出ます。詳細はこちら

FXのポイントとは?3

株式投資でも先物でも、投資と名のつくものに必ず儲かる方法などは存在しない。いかにリスクを減らせるかを身に付ければおのずと利益は出ます。詳細はこちら

FXのポイントとは?4

FXはパソコンで行うため、自分以外のトレーダーの存在が実感しにくいものです。多くの人とかかわっています。世界を相手にしている事を忘れないようにしよう。詳細はこちら

FXのポイントとは?5

バーチャルトレードは架空のお金で取引をするため、本腰を入れて学びにくい。緊張感がないといい加減な取引になりやすくなります。詳細はこちら

FXのポイントとは?6

取引手数料として掛かるスプレッドの狭さをよく比べて、会社を選ぶことは大切な事です。多くのFX会社がありますが、特徴は全然違います。詳細はこちら

スポンサーリンク