FX上級者講座

【勝率80%以上のFX講座】レバレッジについてもっと深く考える FX上級者向け

スポンサーリンク

レバレッジについてもっと深く考える

・レバレッジの計算はFXを始める前にマスターしておく必要がありますが

いざFXを始めたならば戦略的な面からレバレッジを考えていく必要があるからです。トレード計画には、かならずレバレッジの戦略的思考を考えていく必要があります。 人間は本能で取引をすると必ず敗北します。そもそも戦略は本能的な取引を防ぐ為のものなのです。その本能というのは、脳の働きとしての傾向と結果です。 つまり、脳は好きな事は早くしたいと思うからこそ利益確定を急いでしまい、嫌いな事は後回しにしたいと思うからこそ損切りに踏み切れないのです。

また、いいことは記憶に残るからこそ過剰な自信を持つこととなってしまい、悪い事は記憶から消そうとするため失敗から学ぶ事ができないのです。 本能に逆らって利益確定を後回しにし、損切りを急ぎ、自分を過信せず、失敗から学ぶことによってこそ、「損小利大の原則」も守ることができ、最終的な勝利を得る事ができるのです。逆に、本能のままに取引をすると必ず取り返しのつかない失敗をするということがよく分ったと思います。 そこで本能を抑制する為に戦略が必要となってくるのですが、戦略の中でも最も基本的なものは資金管理です。資金管理を適切に行っていくためには、レバレッジを深く考える必要があります。レバレッジのコントロールは資金管理に直結します。

そもそもなぜFXでは一般的に

・レバレッジをかけた取引を行うのかといえば

小額から始めたいからという理由もありますが、他方の理由に株式投資などと比べて価格の変動が小さいからという事があります。株式投資では株価が倍以上の変動をみせるようなことが容易に起こりますが、為替市場で外貨の価格が倍以上変動するなどという事はほとんどないことです。数銭の利ざやで取引をすることもあるため、レバレッジがなければ儲けを出しにくいのです。一般的は、株価の値動きは外貨の値動きの5倍だといわれます。

このことから、為替取引の感覚を株式取引の感覚にあわせるならば、レバレッジは5倍が適当という事になります。 レバレッジをコントロールしていく為には、レバレッジを変化させる基準を知らなければなりません。その基準とは変動率、利益が出そうな確率、自分のスキル、余剰資金、自分の感覚など挙げられます。 変動率にあわせるということは、変動率が大きいときには相場が大きく変動しているときであるということなので、ポジションは小さくする必要があります。

チャートの判断などから利益が出る確率が高いと判断できたときにはレバレッジを高くします。ローリスク・ハイリターンの時にはレバレッジを挙げて「利大」を求めるのです。 自分のスキルも基準にするということは、初心者はレバレッジをかけずにスタートし、自分のスキルが上がるにつれてレバレッジを挙げて行く事が重要となります。  余剰資金で取引している場合には、口座の資金が全部なくなっても生活に支障がありませんが、なくなって困る資金が口座に入っている場合にはレバレッジを低くしてリスクを小さくしなければなりません。 自分の感覚も大切です。少しでも損をしたくない人と、少しの損に対して寛大な人とでは、レバレッジの倍数も当然変わります。

 次におすすめの記事はこちら↓
■現在の相場を注視する(要約)= 投資の世界で重要な事は、勝負時に相場を正しく注視することです。例えば負けるトレーダーにありがちな行動パターンとして、ポジションを持ったときの価格にとらわれて判断を誤るというものがあります。相場で大切なのは現在の価格を注視する事です。つまり、ポジションを持ったときの価格が100円であろうと105円であろうと、現在の価格が90円であれは、90円という価格のみが大切となるのです。 また、ここでは相場を注視するという視点から解説しているため、打診買いと打診売りのこともあわせて紹介しておきます。打診買いとは相場の底値と判断したポイントで少しだけ買ってみることで真剣に相場を観察し、慎重に取引をしていくという取引のスタイルです。
ランキング1位 マネーパートナーズ
青色03銭静止画
何と言っても目玉は最狭スプレッドと少額から始められる所であり、ここに全てが詰まっていると言っても過言ではない。
詳細ページ公式ページ
ランキング2位 DMM.FX
コミックやゲームなど多岐に渡る事業展開をしているDMMグループの1つで、流石に完成度の高いFX会社となっている。
詳細ページ公式ページ
ランキング3位 OANDA Japan
>
コミットメントから生まれた業界初となる1通貨単位からの取引や、秒単位でスワップポイントが付与されるSecond by second swap、5秒足チャートなどは投資家から大きな評価をうけ現在では世界8ヶ国に拠点を構え、100万人を超すトレーダーに選ばれています。
詳細ページ公式ページ
[4]ランキング4位 海外FX XM TRADING
私がオススメする第4位の会社は国内のFX会社ではなく、レバレッジ規制が無い海外FXの会社である。
詳細ページ公式ページ
[5]ランキング5位 FBS
最大レバレッジ3000倍が特徴の海外FX会社 XMのレバレッジでは物足りない!
しかも「あなたの入金を2倍に増加」
詳細ページ公式ページ
相場が動く時に

トレードを行うタイミングについてご紹介します。タイミングに根拠あり。詳細はこちら

他投資とFXの違い

FXの他にも色々な投資方法があるけれど、どれが一番いいの?詳細はこちら

通過ペアについて知ろう

FXでは様々な通貨を扱っており、売買が可能。どんな通貨があるの?詳細はこちら

FXのリスクを覚悟する

始める前にリスクについてきちんと理解しておく。詳細はこちら

FXの基本的な注文方法

初心者さん向け。具体的な注文の仕方について。詳細はこちら

始めに必要な資金

どのくらいの資金を準備しておけば良いのか?。詳細はこちら

FX会社が破綻したら?

万が一の場合についてもしっかり考えておく。詳細はこちら

FXのポイントとは?1

FXで勝っていくためには、勝つための方法ではなく、負ける方法を学ぶ事です。負けるパターンは決まっています。リスク回避をしよう。詳細はこちら

FXのポイントとは?2

FX会社の提供するアナリストのコメントを鵜呑みにしないことがポイントです。周りの意見に左右されると自分のルールのブレが出ます。詳細はこちら

FXのポイントとは?3

株式投資でも先物でも、投資と名のつくものに必ず儲かる方法などは存在しない。いかにリスクを減らせるかを身に付ければおのずと利益は出ます。詳細はこちら

FXのポイントとは?4

FXはパソコンで行うため、自分以外のトレーダーの存在が実感しにくいものです。多くの人とかかわっています。世界を相手にしている事を忘れないようにしよう。詳細はこちら

FXのポイントとは?5

バーチャルトレードは架空のお金で取引をするため、本腰を入れて学びにくい。緊張感がないといい加減な取引になりやすくなります。詳細はこちら

FXのポイントとは?6

取引手数料として掛かるスプレッドの狭さをよく比べて、会社を選ぶことは大切な事です。多くのFX会社がありますが、特徴は全然違います。詳細はこちら

スポンサーリンク